メガネの使い分けで眼精疲労を改善できる可能性はあります。

例えば、近視で普段からメガネを掛けて生活していて、パソコン業務の多い方ならば、パソコンを使う時には、普段使っているメガネよりも少し度の弱いメガネを使うと良いでしょう。
遠視の人ならば、普段のメガネよりも少し度の強いメガネを使うと良いでしょう。

また、パソコン用メガネ(ブルーカットグラス)、つまり網膜に最も有害な青色光をカットするメガネを使うと良いと言われています。

40歳を過ぎると老眼で悩む人が増えてきますが、老眼の人は眼精疲労が起こりやすくなってしまいます。
眼精疲労を放置していると、老眼や近眼がさらに進行してしまいます。できるだけ予防、改善する必要があります。

必要な距離や場面に合わせて、いくつかメガネを用意できれば、目への負担をかなり減らすことができます。