症状によっては、目薬を使うことで眼精疲労を改善できます。
自分に合ったものを使用しませんと効果はありませんので、自分の症状に合わせて目薬を選びましょう

目のピントが合わない

目のピントが合わないために眼精疲労を起こしている場合は、ネオスチグミンメチル硫酸塩、ビタミンB12、活性型ビタミンB2といった成分が含まれているものを選びましょう。これらの成分には、目のピントを改善する働きや目の疲れを解消する働きがあります。

目の使い過ぎ

デスクワークで目を酷使している場合は、コンドロイチン硫酸ナトリウム、ビタミンB12、活性型ビタミンB2などが配合された目薬を使いましょう。
コンドロイチン硫酸ナトリウムは目を保護する働きがありますので、目の使い過ぎによる疲労を和らげます。保湿効果もあり、ドライアイが原因で眼精疲労を起こしている時にも効果があります。

ドライアイ

ドライアイによる眼精疲労には、涙に近い成分である塩化カリウム塩化ナトリウムの含まれた目薬が良いでしょう。
ドライアイは目がデリケートな状態になっており、刺激の少ないものを選ぶ必要がありますので、防腐剤が配合されていない目薬がおすすめできます。

眼精疲労 目薬 関連商品