眼精疲労の原因として考えられることは次のとおりです。
複数の原因によって起こることもありえます。

1 視力の低下

視力が低下すると、ピントを合わせるのが困難になりますので、目が疲れてしまいます。
度数の合わないメガネやコンタクトレンズの使用も眼精疲労を起こします。
目が悪い近視の方も眼精疲労になりやすいです。

2 目の酷使

テレビ、パソコン、スマホなどの画面を長時間見続けたり、読書を長時間することで、目を酷使してしまうことも、眼精疲労の原因の一つです。

3 目の病気

ドライアイ、緑内障、白内障、眼瞼下垂などの目の病気が眼精疲労の原因となることもあります。

4 体の病気

風邪、インフルエンザ、更年期障害、自律神経失調症などの体の病気が原因で、眼精疲労が起きる場合も少なくありません。
体調の悪さが目に負担をかけることもあるようです。

5 精神的ストレス

精神的なストレスが原因で眼精疲労を引き起こすこともあります。