眼精疲労の症状は、大別すると次の3つが挙げられます。
これらの症状が出た場合は放置せずに、できるだけ早めに眼精疲労を改善するようにしましょう。

1 眼や見え方に出る症状

眼精疲労になると、多くの人は目に痛みや乾燥を感じます。
目を酷使していると目が重苦しくなってきて、鈍い痛みを感じることがあります。

パソコンや細かい作業をしていると、目の乾きからドライアイになる人もいます。
ゴミが入ったようにゴロゴロとした違和感を感じる場合もあり、これも眼精疲労からくるドライアイの可能性があります。

また、目のかゆみや疲れを感じたり、充血、霞み、まぶたが重い、物がダブって見える、視力の低下などといった症状も現れやすくなります。

2 身体に出る症状

眼精疲労は眼の症状以外に、身体のいろいろな部位に症状が出ることがあります。
代表的なものは頭痛肩や首のこりです。

パソコン作業や細かい作業で目を酷使した状態で同じ姿勢でいると、首や肩の周辺の筋肉が固まります。
その周囲の血管が締め付けられてしまい、血行が悪くなって肩や首のこりが起こり、頭痛も引き起こします。

その他、めまい、吐き気、胃痛、胃もたれ、食欲不振、だるさ、不眠などのような症状が出ます。

3 精神的な症状

理由も無くイライラしたり、何もやる気がしなくなるなどの精神的な症状が起こることもあります。
うつ病につながる場合もあります。