眼精疲労は、目の周り、首や頭をマッサージすると症状が和らぎます。

目の周り

目の周りには、いろいろなツボが集中しています。仕事の合間などに症状を緩和したい場合には、目の周りのツボを刺激するのがおすすめできます。

ただし、ツボを正確に押すことは案外と難しいですので、目の周りを、目頭から目尻にかけて少しずつ押してマッサージをするのが良いでしょう。
目の下を通り目頭の下あたりまで、ゆっくりと指圧していきます。このとき、眼球は押さないようにしてください。

首、頭

うなじの近くにある風池(ふうち)天柱(てんちゅう)といったツボを中心に、頭を包み込むようにして親指でマッサージします。
このときに温めたタオルなどでまぶたを温めておきますと、マッサージ効果が高まります。

頭部は、額やこめかみの生え際辺りを中心にマッサージをします。さらに頭全体もよくマッサージしましょう。
あまり力は入れずに、頭皮を動かすくらいの力で十分です。

マッサージサロンなどに通っている方は、眼精疲労があることを伝えておくと、眼精疲労を和らげるようなマッサージをしてくれるでしょう。