ビルベリーはブルーベリーの一種です。ですので、見た目も色もほとんど変わりません。ただし、原産地や成分が異なっています。

■ブルーベリーは北アメリカが原産地で、約300の種類があります。現在では欧米やオーストラリア、日本でも栽培されています。アントシアニンという目に良いとされる成分が豊富に含まれています。

ブルーベリーはそのまま食べられます。洋菓子、ジャム、ドライフルーツなどの材料としてもよく使われています。

■ビルベリーは北欧が原産地です。ブルーベリーの多くの種が栽培品種であるのに対して、ビルベリーは野生種です。

ビルベリーはブルーベリーよりもアントシアニンの量が数倍も多く、フランスやイタリアでは医薬品として認められている商品があります。また、亜鉛とマンガンもブルーベリーより多く含まれています。

ビルベリーは生のまま食べるには酸味が強過ぎて適さず、主にジャムやジュースといった加工品や、粉末にして医薬品として使われることが多くなっています。

アントシアニンを成分としているサプリメントが色々と販売されていますが、その多くは主原料としてブルーベリーではなくビルベリーを使用しています。