ブルーベリーはガーデニングでも人気のある植物です。庭に植えても鉢植えでも育てることができます。

ブルーベリーの苗は秋から春にかけて購入できます。暖かい土地なら晩秋、寒冷地なら春になってからが良いでしょう。1,2月の最も寒い時期は避けて植え付けることで、根の傷みを少なくすることができます。苗木は2,3年生のものですと、それだけ早く実ります。

土は酸性のものを使います。ブルーベリー用の培養土が販売されていますので、これを使うのが無難です。
ブルーベリー用培養土

ブルーベリーは自分の花粉では実が留まりにくい(自家結実しにくい)ため、2本以上植えるようにします。昆虫によって受粉される環境の場合は果実が大きくなりますが、昆虫の少ない場所で栽培する場合には人工授粉を行うと良いでしょう。

植えたら支柱を添えて、十分に水をあげます。その後は表土が乾いたら水をやる程度で大丈夫です。ただし、ブルーベリーは根が浅いので、水が一度でも切れてしまうと回復が難しくなります。特に夏場は水切れに気を付けてください。

ブルーベリーは日向が適していますので、毎日最低4時間は日の当たる場所に置くようにします。庭植えならば、日向で排水の良い場所を選んで植えてください。

収穫時期は早ければ7月頃から。実全体がしっかりと紫色になった頃が収穫時期です。ピンク色の部分が残っていると糖度が少ないため、日光に当てて、少し乾燥気味にさせると甘みが増します。