ポリフェノールとは植物特有の色素の成分です。ブルーベリーのアントシアニン、ブドウのレスベラトロール、大豆のイソフラボン、柑橘類のヘスペリジン、ウコンのクルクミン、たまねぎのケルセチン、緑茶のカテキンタンニン、蕎麦のルチン、コーヒーのクロロゲン酸など、自然界に約5000種類あります。動物には存在しません。

ポリフェノールは、植物の苦味や渋味成分となるもので、光合成によって生成されます。ポリフェノールには、非常に強い抗酸化作用があることが分かっており、注目されています。

活性酸素には、外界から侵入してきた細菌やウイルスを撃退する働きがありますが、体内で必要以上に増えてしまうと、動脈硬化や糖尿病の原因となったり、細胞や遺伝子を傷付けてしまいます。

ポリフェノールの抗酸化作用は、活性酸素を除去してくれますので、様々な病気を防いでくれると考えられます。

その他のポリフェノールの効果として、目の疲労感の予防や改善、更年期障害の症状の改善、血流の改善、肝機能の改善、ストレスの抑制などが挙げられます。