疲れ目に効果があると考えられているツボは、例えば次の3つです。

風池(ふうち)

風池は、目や首の疲れ、頭痛、体のだるさなどに効果があるツボです。
場所は、後頭部の髪の生え際にあり、僧帽筋(首の中心にある太い筋肉)の左右外側にあります。
ここを左右同時に力を入れすぎないように圧迫することで、血流が良くなり、目の疲れなどが解消されます。

睛明(せいめい)

睛明は、目の疲れに効くツボとして有名です。
場所は、目の内側の鼻根に窪んだところです。
ここを親指と人差し指でつまむようにして、鼻の付け根に向かって押し上げるように、軽く圧迫してください。

天柱(てんちゅう)

天柱は、目の疲れ、頭痛、肩こりなどに効果があるツボです。
場所は、首の骨の外側のラインと髪の生え際がぶつかる、少しくぼんだところです。
風池の少し中心よりにあります。ここを親指で上へ押し上げるように圧迫しましょう。