疲れ目を改善したい方は、疲れ目に効果的な栄養素を含む食材を積極的に食べましょう。

疲れ目に有効な栄養素は次のようなものになります。

ビタミンA

ビタミンAは特に大切な栄養素で、「目のビタミン」とも言われています。
目の粘膜を保護し、網膜を健康に保つ作用があります。
不足すると、暗いところで見えにくくなったり、角膜が乾燥して見えにくくなったりします。
チーズ、うなぎ、ニンジン、ほうれん草、かぼちゃ、ブロッコリーなどに含まれています。

ビタミンB

ビタミンB1が不足すると疲れ目になりやすくなります。
B2やB12は目の充血を防いで疲れを回復させます。
ビタミンB2が不足すると角膜が炎症を起こしやすくなります。
豚肉、レバー、いわし、さば、さんま、うなぎ、豆腐、納豆、ライ麦、のりなどに含まれています。

ビタミンC

ビタミンCが不足すると、目の毛細血管が弱くなって視力低下を引き起こす可能性があります。
柑橘類、いちご、キーウイ、じゃがいも、さつまいもなどに含まれています。

アントシアニン

アントシアニンは疲れ目を和らげるだけではなく、網膜炎や夜盲症にも効果があると言われています。
ブルーベリー、黒豆、なす、しそ、紫いも、ぶどうなどに含まれています。

タウリン

タウリンにも目の疲労を取る働きがあります。
マグロ、アサリ、イカ、タコといった魚介類に含まれています。

DHA

DHAは視力改善に役立つと言われています。
魚、特にマグロ、カツオ、ブリ、サンマ、アジに多く含まれています。