普段の食生活を見直すことで、疲れ目を改善することができます。

疲れ目に良い食事とは、栄養バランスの良い食事です。
アントシアニンが目に良いからと、ブルーベリーばかり食べたりサプリを摂ったりするだけで、目の疲れが治るというものではありません。

肉中心の食生活をしている人や、好き嫌いが多くて偏食をしている人は、体だけではなく目にも悪影響を与えてしまうでしょう。
好き嫌いをせずに野菜や果物を積極的に食べ、脂肪分の多い物や甘い物ばかりを食べないようにしましょう。
魚と野菜を中心とした食事に切り替えるだけでも、疲れ目の症状を改善することができます。

また、偏った食事を続けていると、糖尿病のリスクが高まります。
糖尿病になると疲れ目になりやすくなりますので、注意してください。

栄養バランスの良い食事を取ることが難しい場合は、不足しがちな栄養素をサプリメントで補うのも方法の一つです。
ただし、サプリメントは補助的な役割であって「食事」とはなりませんので、頼りすぎないようにしてください。