疲れ目の原因として代表的なことは、次の4つと考えられます。

目の酷使

疲れ目で最も多い原因は目の酷使です。
パソコン作業、テレビ、読書などを長時間続けていると、目に疲れが溜まっていきます。
これは、目がピントを合わせようと頑張るために起こります。
1時間に10分程度の休憩を入れて目を休ませられれば理想的です。

視力低下

視力が低下すると、目がピントを合わせるのに必死になるため、目が疲れたと感じるようになります。
また、加齢によりピントの調整力が衰えていきます。これが老眼です。老眼も目が疲れます。

メガネやコンタクトが合わない

メガネやコンタクトが自分の目に合わない場合も疲れ目の原因になります。
合わなくなってきた場合は、すぐに作り変えましょう。

目の病気

白内障緑内障などの病気が原因で目の疲労を感じることがあります。
白内障や緑内障は中高年に多い目の病気ですので、この年代の方は気を付けましょう。
また、目が乾いてしまうドライアイで目が疲れるケースも多くなってきています。