疲れ目の時に、目の周りを冷やすか温めるかというと、基本的には温めてください。

目の疲れを感じるのは、目の周りの筋肉が凝り固まっている状態です。
その筋肉の凝りを解消するためには、温める方法が有効です。

特にドライアイで悩んでいる方は、蒸しタオルなどで目の周りを温めるようにしましょう。
ただし温度が高いと火傷する危険がありますので、お気を付けください。

一方、目が充血したり熱っぽかったりする場合は、冷やした方が効果があります

このようなわけで、目の症状によって、温めた方が良い場合と冷やした方が良い場合がありますので、自分の症状に合わせて対処してください。

ドラッグストアや通販などで、疲れ目を手軽にケアするグッズが色々売られています。
そのようなものを利用するのも手軽で良いでしょう。

疲れ目対策グッズ一覧