疲れ目を改善できる目の体操があります。
どなたでも簡単にできますので、疲れ目の方はぜひお試しください。

目の凝りを取る体操

目を強く閉じ、その後パッと開けます。
その後、目を右へ動かし、次に左へ動かしてください。
同様に、目を上へ動かし、次に下へ動かしてください。
これを3回程度行いますと、目の凝りが解消され、スッキリとするでしょう。

疲れ目防止体操

近くにあるものを20秒ほど見てください。
その後、遠くのものを5分間ほど見てください。
これを数回繰り返しますと、ピントが合いやすくなり、目が疲れにくくなってきます。

以上の2つの体操を毎日数回行うことで、疲れ目を改善したり予防したりすることができます。

疲れ目を放置しておくと、肩こりや頭痛にもつながりますので、ご注意ください。
特にパソコン作業をする時間が多い方は目が疲れやすくなりますので、適度に体操を行うことをおすすめします。