ドライアイの治療は、症状が軽い場合は点眼薬(目薬)が使われます。つまり、ドライアイに目薬は効果があるということです。

ただし、市販の目薬の場合は、使い過ぎると症状を悪化させてしまう可能性があります。なぜならば、目薬に含まれている防腐剤や刺激物による副作用の可能性があるから、また、大切な自分の涙を洗い流してしまうことになるからです。

ドライアイに効く目薬とは、次のようなものになります。

■人工涙液
 涙に近い成分の人工涙液の目薬は眼科のドライアイ治療に使われています。目への負担が軽く、目の乾きの改善に効果があります。
人工涙液 関連商品

■ヒアルロン酸ナトリウムを含む目薬
 ヒアルロン酸ナトリウム配合の目薬もドライアイに効きます。水分を保つ効果があり、角膜や結膜の傷を修復する働きもあります。ヒアルロン酸ナトリウムを含む角結膜上皮障害治療薬は、眼科のドライアイ治療に使われています。
ヒアルロン酸ナトリウムを含む目薬 関連商品

■ジクアホソルナトリウムを含む目薬
 ジクアホソルナトリウムも眼科のドライアイ治療に使われています。涙の中にあるムチン、水分の分泌を促進させる作用があり、ドライアイの症状を改善します。

■防腐剤が含まれていない目薬
 防腐剤が含まれていると炎症を起こす可能性があります。防腐剤フリーの目薬を購入するようにしましょう。
防腐剤フリー目薬 関連商品