ドライアイに良いメガネとして、次の2種類が挙げられます。

■保湿効果のあるメガネ(保湿メガネ)

ドライアイに悩まされている方は、保湿効果のあるメガネを持っていると良いかもしれません。

メガネのフレームの縁に水を貯める場所(保水タンク)が設けられています。そのタンクに水を注ぐと、容器内の小さい穴から発生した蒸気によって、目の周りに潤いを与えることができます。

価格もそれほど高くなく、普通のメガネフレームとあまり変わらない金額で購入することができます。度付きレンズにも対応しています。

★【JINS MOISTURE】眼の潤いをキープする、タンク付き保湿メガネ JIN’s オンラインショップ

■ブルーライトをカットするメガネ(PC用メガネ)

パソコンを長時間使用する方は、画面の光、特にブルーライトを大幅にカットするメガネを使うのも、ドライアイ対策として効果があるでしょう。

ドライアイは眼精疲労によっても発症しますので、パソコンやスマホの画面の光には注意が必要です。特にブルーライトをカットすることができれば、目の疲れを軽減することができ、ドライアイの予防や症状の緩和が期待出来ます。

★ブルーライトから眼を守る!パソコンで目を酷使する方におすすめの PCメガネ JINS SCREEN