現時点で流行しているレーシック手術は、本当に安全なんでしょうか。
レーシック手術は、あくまでも手術ですので、きっと何年先になっても、「100パーセント安全です」とは断言できないのだといえます。

しかし、視力回復の成功率は非常に高くて、95パーセント以上の人が、視力1.0以上に回復したと言われています。

レーシック手術は、レーザーを使った手術で、角膜の屈折を変えてピントを合わせ、視力を回復させるという手術です。

レーシック手術を受けて、失敗したという人も中にはいらっしゃるでしょうね。
失明したとかではなくて、視力がそれ程回復しなかったといった失敗です。
もし視力が回復出来なかったら、ふたたびレーシック手術をうける事ができます。

手術の時間は約20分ほど。意外と短時間です。
入院する必要はないでしょう。

手術後に、「ハログレア現象」や「ドライアイ」などといった副作用が出たりすることがあるようです。
ただし最近は、そのような副作用が少なくなってきているとも言われています。

また、レーシック手術の費用も比較的安くなってきているようです。
但し、あまりにも安すぎると危険な場合もありますので、予め口コミ(時々、やらせや捏造のものもありますから注意が必要かもしれません)や評判などをじっくり見てから、病院を決めたほうが良いかもしれませんね。