目薬を使うことで視力回復が期待できるのは、ドライアイや疲れ目による視力低下の場合です。
近視、乱視、遠視の場合や、何らかの眼の病気によって視力が低下した場合は、目薬を使っても視力は回復できません。

視力は一旦低下し始めると瞬く間に、メガネやコンタクトレンズが無くては周りが見えないほど低下してしまいます。

自分の視力低下の原因が分かる人であれば、目薬が自分の視力回復に効果あるか無いかを判断できますが、多くの場合は原因が分からないでしょう。

目が霞んだり、見えにくくなったと感じたら、出来るだけ早めに眼科を受診することをおすすめします。
眼の病気になる前に眼科医の検査を受ければ、目薬のみで視力回復ができる可能性があるでしょう。

極端に下がってしまった視力を回復させる方法としては、手術が一般的な方法となります。