視力回復に効くツボを、3つご紹介します。

ちなみに、ツボは「経穴」とも呼ばれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです。
ツボはWHOでも治療効果が認められていますが、その仕組みについてはまだ解明されていません。

体の血流をよくするツボ

体の血流を良くするツボは、足の内くるぶしから10センチくらい上にあるのです。
そこを慎重に親指で押していってください。

なぜ、体の血流をよくするツボかというと、視力低下の原因の多くが、冷え性(自律神経失調、鉄分不足、ホルモンのバランスの崩れなどが原因になるようです)からきているといわれているからなんです。
ですので、体の血流を良くして、冷え性の改善を行います

耳にあるツボ

耳にあるツボは、耳たぶにあります。
耳たぶを親指と人差し指ではさみ、親指でじっくり押します。
耳たぶのツボを押すのは簡単ですよね。

耳には多くのツボがあるとはいえ、とある漁師さんがピアスをあけて視力が回復したというお話があるほど、耳たぶには視力回復にいいツボがあるはずです。

目のまわりにあるツボ

やっぱり目に関わっているツボは、目のまわりにたくさんあるそうです。
目頭の斜め上あたりと、涙袋の真ん中に存在しているツボは、視力回復にとても効果の高いツボなのです。
この2つもじっくりと指圧しましょう。

ところで、ツボですが、自分での指圧では効果を感じられない場合には、せんねん灸などを試してみるといいでしょう。