視力回復コンタクトレンズは、寝る前に装着して就寝中に着けたままにし、朝起きて外すことによって、視力を回復させることができるという技術を駆使したコンタクトレンズです。
この技術を「オルソケラトロジー」と呼んでいます。

通常のコンタクトレンズは寝る時に着けたままにしておくと、角膜に傷をつけたり眼球の乾燥の原因となってしまいます。
しかし、視力回復コンタクトレンズは自分の角膜の形状に合わせて作られており、寝ている間に角膜を正常な形に近づけ、その状態が持続する間は近視を弱くすることができるというものです。

オルソケラトロジーは軽度近視を対象としています。

オルソケラトロジーを改良して、強度近視や強度乱視にも対応できる治療法も開発されており、これは「オサート」と呼ばれています。

視力回復コンタクトレンズは、オーダーメイドで自分の角膜に合ったレンズを作ってもらうことになります。

早い人では、使用を始めて数日で効果が得られたという人もいます。
朝起きてコンタクトレンズを外しても、その日は裸眼で過ごしても問題ないほどに視力が回復する人もいるようです。
ちょっと驚きますね。

ただし、視力回復コンタクトレンズは角膜を変形させるものですので、1日でも装着しない日があると視力が元の状態に戻ってしまうでしょう。
毎晩継続して装着しなければなりませんので、少々面倒かもしれません。

また、コンタクトレンズの作成費用が高額なため、経済的な理由で利用できないという方も多いです。

なお、アレルギーや眼科的疾患などのある方は、この治療を受けられない可能性があります。