視力回復センターという民間施設があります。
その視力回復センターによって異なるようですが、様々な機械を使って視力を回復するためのトレーニングを行っています。

例えば、機械を使って目の周りの筋肉に電気で刺激を加えたり、赤外線で温めたりして、目の焦点を合わせやすくします。
眼球運動を行ったり、視力の回復に効果的なツボを押してマッサージをしたりすることもあります。

視力回復センターでのトレーニング効果には個人差があります。
また、仮性近視には有効と思われますが、本当の近視になってしまっている方には効果が出にくいでしょう

子供向けの視力回復センターが多いのですが、トレーニングが単調でつまらないという理由で止めてしまう子供が少なくないようです。

また、入会金を払い、毎月に1~2万円前後の費用がかかります。
中には、家庭でも視力回復トレーニングを行えるようにと高額な機械を買わされてしまうケースもあるようです。