視力回復手術として一番有名なものはレーシックでしょう。レーシックは視力回復手術で一般的に行われる手術方法でした。

レーシックの日本での正式な名称は「角膜屈折矯正手術」です。
レーシック手術は、角膜をレーザーで薄く削って光の屈折角度を調整することによって視力回復を図るものです。
このような手術方法のため、もともと角膜の薄い人にはレーシック手術ができません

そこで新たな視力回復手術として「フェーキックIOL(フェイキックIOL)」と呼ばれている手術があります。

フェーキックIOL(フェイキックIOL)は、黒目と水晶体の間に視力補助の小さなレンズを移植(インプラント)することによって、視力回復させるという手術です。
目本来の視力が回復するのではなく、レンズを移植することで、メガネやコンタクトレンズのように視力を矯正してくれます。

手術時間は1時間程度で終わります。早ければ手術した翌日には回復し、視力の変化を実感できます。

ただし費用は高額です。片眼で40万円程度、両目で75~80万円程度かかります。

視力回復手術を受ける際は、医師と十分に話し合ってください。
どのような手術が最適かを確認し、手術を受けることによるリスクも理解して、決めてください。