オルソケラトロジーとは、特殊な形をしたハードコンタクトレンズを使用して角膜の形を変え、一時的に近視や乱視の矯正を行う方法です。近視矯正手術を受けたくない方に注目されている視力回復法です。

オルソケラトロジーに用いるハードコンタクトレンズは一般的なコンタクトレンズとは異なり、視力矯正を行う人の眼の形に合わせて作られた特殊なものになっています。これを装着して、近視や乱視になった角膜のひずみを正常な形に矯正していきます。

レンズは夜間着用と連続着用の二つのタイプがあります。日本では夜間着用タイプが主流ですが、海外では1日から1週間装着できる連続着用タイプも普及しているようです。

夜間着用タイプの場合、レンズを就寝直前に装着することで、睡眠中に角膜の形状を正常な形に変形させます。個人差もありますが、起床後にレンズを取り外してから8~36時間程度は矯正の効果があると言われています。矯正の効果は、0.1の視力であれば0.8から1.0まで回復した例があるそうです。

レンズの装着を中止すると、視力と角膜は2か月程度で元の状態に戻ってしまいます。

オルソケラトロジーは軽度の近視・乱視の方に向いています。強度の近視の場合には効果が低いと言われています。

費用は両目で20~30万円ほどかかります。自由診療のため保険の適用がありません。