レーシックを受ければ近視を治せる可能性があります。レーシックを受けられるかどうかは、事前の適応検査で判断されます。誰でもレーシックを受けて近視を治せるという訳ではありません。

適応検査では、角膜の厚さとカーブの度合い、眼底、水晶体、網膜のチェックなどを行います。最も重要となるのが角膜の厚さです。角膜の厚さがレーシックに適した十分な厚さであれば、レーシック治療が可能です。

ただし、レーシック手術をしても、希望通りの視力にまで回復するとは限りません。0.1以下の視力だった人が2.0の視力にまで回復するということは困難です。一般的なケースであれば、1.0程度の視力には回復することができますので、現在以上の視力になることは間違いないでしょう。

メガネやコンタクトレンズでの近視の矯正に煩わしさを感じているのであれば、レーシックを検討してみるのも良いかもしれません。