近視の進行を出来るだけ防止するためには、次のようなことに気を付けましょう。少しずつではありますが、近視の進行を止めることができるでしょう。

●目を休める

目を休めることは、近視の進行を防止するために重要なことです。疲れに気付く限界まで目を酷使するようなことは避けましょう。テレビ、パソコン、読書などで目を使う場合は、1時間に1回くらいは休憩を入れるようにしましょう。

●正しい姿勢、適度の明るさ

勉強や仕事の時などの姿勢を正して、薄暗い場所での作業は避けましょう。書類や本を読むときの目との距離に気を付けたり、パソコンのディスプレイに近すぎないようにして作業をすることも大切です。姿勢を良くするために、机や椅子の高さを調整することも必要です。生活したり仕事したりする部屋の照明は、400~500ルクス程度の明るさにしましょう。

●生活習慣の見直し

生活習慣を見直すことによっても近視の進行は防げます。栄養バランスの悪い食事や睡眠不足は、目にも良くありません。栄養素をバランスよく摂り、十分に睡眠を取ることが出来れば、体にも目にも良い効果が現れるでしょう。