近視は、トレーニングすれば治るものと治らないものがあります。近視には通常の近視と仮性近視があり、トレーニングによって視力回復が期待出来るのは仮性近視です。

0.1以下の強い近視になってしまうと、回復するのは難しいとも言われています。

仮性近視は、ピントを合わせる筋肉である毛様体筋が緊張していることによって、一時的にピント調整能力が失われ、ぼやけて見えてしまう近視の状態のことです。

この仮性近視は近視へ移行することがあります。近視になってしまうと、トレーニングでは元の状態に戻らなくなってしまいます。生涯メガネやコンタクトレンズの手放せない生活になってしまうでしょう

あなたがもし仮性近視であれば、本物の近視となってしまう前に、一度トレーニングを受けてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、子供の近視は仮性近視である場合が多く、この場合、トレーニング次第では近視が治る可能性があります。各地に子供向けの視力回復センターなどと称した施設があります。