これ以上子供の視力を落とさないためには、何よりもまず親が子供の生活習慣と食生活をしっかり管理する必要があります。

以前はテレビマンガが小学生の近視の原因であると言われていました。
中学生や高校生であれば、夜の勉強が近視の原因になると考えられていました。

今でもこれらは近視の原因の一つですが、近年では、スマホ(携帯電話)パソコンテレビゲームなどが近視の原因の中心となってきています。
視力低下には遺伝的要因もありますが、生活習慣によって大きく変わってくるのです。

テレビ、マンガ、夜の勉強、スマホ、パソコン、テレビゲームは目に負担をかけやすいので、近視になる確率が上がってしまいます。
子供は大人よりも自制が利きにくいですし、夢中になると他のことは忘れてしまうでしょう。

子供を近視にさせたくないのでしたら、スマホやパソコンなどの機器に出来るだけ触れさせないことがベストです。
触れるときは、次のようなことを教えましょう。

  • 姿勢に気を付ける
  • 適度に休憩を取って目を疲れさせないようにする
  • 画面と目の間の距離を離す
  • 暗いところで画面を見ない

特にスマホ、パソコン、テレビゲームは、一日の使用時間を決めるのも良いでしょう。
もしそれを守れないときは一定期間使えないように没収するといったルールを、予め決めておくのも一つの方法です。

また、眼精疲労に効果があると言われている食品を積極的に摂るようにしましょう。
子供と一緒に視力回復トレーニングを行うのも良いでしょう。

あなたのこども、そのままだと近視になります。 (ディスカヴァー携書)