子供の視力矯正のためにコンタクトレンズを利用するのは、できれば避けた方が良いかもしれません。

コンタクトレンズはメガネ以上に普及しています。メガネをしたくないからコンタクトレンズにするという方もいるでしょう。使い捨てのコンタクトレンズが普及するようになって、昔のようなコンタクトによる障害がかなり減ったと言われています。

しかし、コンタクトレンズは使い方によっては危険なことがあります。

例えば、おしゃれ用のカラーコンタクトが原因で眼障害のトラブルが増えています。低品質のカラコンを使うと失明の危険もあります。医療用コンタクトでも失明や眼病のリスクがあります。慢性充血はよくある症状です。

また、コンタクトを付け続けることによって、角膜内皮細胞が減り、角膜が薄くなってしまう可能性が高まります。小さい頃からコンタクトを使っていると、20歳を過ぎてレーシック手術を受けようとしても受けられないこともありえます。

コンタクトレンズは正しく使用したとしても、リスクやデメリットを皆無にすることは困難です。キレイに洗浄しなかったり、装着時間を守らなかったりしていれば、いつか眼病を患ってしまうでしょう。

もしも子供にコンタクトレンズを使わせるのでしたら、コンタクトは必要最低限の時間だけにして、その他の時間はメガネで過ごすことをおすすめします。そして、少しでも目に異常が起きたら眼科を受診させましょう。