子供の視力を矯正する場合、方法としてはメガネとコンタクトレンズがありますが、コンタクトレンズよりはメガネの方が安全でしょう。

ただし、あまりに幼い子供の場合には、メガネをかけたまま眠ってしまってケガをする危険はあります。幼い子供は注意力が散漫ですので、メガネをかけたままで何かにぶつかってケガをしてしまうこともあるかもしれません。

そのようなことを考慮しますと、メガネを使っての視力矯正も、ある程度の年齢になってからの方が良いと考えられます。一般的には小学校に上がってからという場合が多いです。ただし、先天的な疾患で視力が弱いために、幼い頃からメガネによる視力矯正が必要なケースはあります。

後天的な理由での視力低下の場合は、まずは生活習慣や食生活の見直しなどで視力が落ちないように努めることが必要です。