視力回復のためにレーシック手術を受ける人は多くなってきています。レーシック手術の安全性はかなり増したと言われていますが、誰で設けられるわけではありません。

一般的に、子供はレーシック手術を受けることができません。クリニックにもよりますが、20歳未満の人はレーシック手術を受けられないことになっています。理由は、視力がまだ安定していないからです。

一般的な子供の視力低下(近視)は、主に生活習慣や食生活などが原因で起こります。そして、近視の症状はどんどん進行していくことが多いのです。

つまり、そのそうな時期にレーシック手術を行っても、手術後に再び近視が進行していってしまいますので、手術をしても無意味となってしまいます。だからといって、何回もレーシック手術を受けるのは、あまり良いことではありません。

そのようなわけで、レーシック手術は20歳を過ぎてから検討した方が良いでしょう。