子どもの視力がどんどん下がり続けてしまったら、いつかは回復不可能な近視になってしまいます。

遺伝的な近視や弱視などを除くと、小学校の健康診断で視力低下が指摘される場合のほとんどは仮性近視です。仮性近視とは、一時的に調整能力が弱まり視力が低下する状態のことです。この状態を放置しておくと、視力はさらに低下していき、やがて近視(真性近視)へ移行してしまいます。

仮性近視は、同じ距離のものを長時間見続けることで生じてしまう状態です。仮性近視になる主な原因は、昔は薄暗い室内での勉強、今はマンガ、テレビ、ゲーム、スマホ、パソコンなどであると言われています。

仮性近視の状態であれば、原因となっている生活習慣を改善することで、視力の低下を防ぎ、元の視力を取り戻すことは可能です。

しかし、視力を悪くする生活習慣が長期間続いてしまうと、やがて視力は近視の状態で固定されてしまい、元の視力に戻らなくなります。これを近視(真性近視)と呼び、近視になってしまった場合、視力を回復させることは非常に困難です。