レーシック手術というと近視の矯正手術と思っている方が多いかもしれません。実は、レーシック手術の技術は進化しており、近視以外に乱視、遠視、老眼にも対応できるようになっています。

ただし、非常に強い乱視や遠視の場合や、先天性の場合は矯正できない可能性があります。

老眼の場合は、老眼を治療するのではなく、レーシック手術によって人工的に不同視にする、つまり片方の眼を近い所を見る用に、反対の眼を遠い所を見る用にするという矯正をすることがあります。近い所を見るための眼には特殊なリングを挿入するため、一般的なレーシック手術とは異なります。

費用については、レーシック手術には健康保険が適用されません。つまり自由診療のため全額自己負担となります。美容整形手術などと同様に、病院毎に自由に価格を設定できることになっています。他の病院であまり扱っていないような手術方法を行っている場合、価格が高額に設定されていることがあります。

また、近視、乱視、遠視、老眼のうち、いずれかのタイプしか対応していない病院もありますので、病院を選ぶ際にはお気を付けください。