レーシック手術は、近視、遠視、乱視を矯正するための手術です。老眼そのものを矯正できる手術ではありません。

老眼とは目の老化のことです。水晶体が硬くなって、ピントの調節がしにくくなる症状です。これに対して、レーシック手術は屈折を矯正する手術です。したがって、レーシック手術を受けることはできますが、老眼を治すことはできません。

老眼治療にはレーシック以外の方法があります。レーシックを行っているクリニックでしたら老眼治療も行っていることが多いので、調べてみることをおすすめします。

ところで、視力が悪い上に老眼になってしまうと、メガネなどでは非常に不便に感じる人は少なくありません。

レーシック手術を若い時期に受けておくと、遠くをはっきり見ることができるようになるので、老眼に早く気付くことができるでしょう。

レーシック手術を高齢になってから受けようと思っても、老化に伴って生じる病気などで手術を受けられないことがあります。受けることが可能であっても、術後の回復が遅くなったりします。