視力回復の手術方法として有名なレーシック手術。視力が低い人ならば一度は受けてみようかと考えたことがあると思います。

眼ですから失敗はしたくありませんので、色々不安はあるのは当然です。たくさんある眼科の中からレーシック手術を受けるクリニックを選ぶのは、とても迷うところです。

ここでは、レーシックを受けるクリニックの選び方について考えてみます。選び方のポイントは3つあります。

■情報収集

まずは情報収集です。クリニックのホームページやパンフレットなどで、手術方法、価格、実績などを確認しましょう。

レーシック手術にはいくつか種類があります。使っている機材、そのクリニックと医師の経験と実績、経営理念、費用の総額と内訳など、多くの点で違いがあります。クリニックにもピンからキリまであるのです。眼科専門医と視力矯正手術の訓練を受けた医師が何人いるのか、また経験年数についても確認したいところです。

それに加えて、評判(口コミ)を必ず確かめてください。過去に何かトラブルを起こしていないかなど、気を付けたい点です。

■カウンセリング

情報収集して、良さそうなクリニックが見つかったら、レーシック手術を受ける前にクリニックでカウンセリングを受けてみましょう。

資料などを見て良さそうなクリニックだと思っても、悪い評判が無かったとしても、人によって合う合わないは付きものです。実際に施術をする医師の人となり知ることも大切です。手術の説明を受けたり、質問をすることによって、色々な不安が解消されるでしょう。

また、手術前に、自分の目がレーシックを受けられるのかどうかを調べるための適応検査があります。これを受けることによって、レーシック手術が可能かどうかか分かります。

■アフターケア(保証制度)

レーシック手術をするだけで、アフターケアは一切無いようなクリニックもあるようです。大事な眼の手術をするわけですので、手術後の検診や相談が出来て、些細な不安にも対応してくれるようなクリニックを選んだほうが良いでしょう。

アフターケアのあるなしで、費用の総額はかなり変わってくるでしょう。しかし、総合的に十分に比較検討して、任せられるクリニックを選んでください。