レーシック手術を受けた場合、一時的な後遺症が生じることがありますが、一生後遺症が残るということは無いと言われています。もしも手術後に何か違和感を感じたら、早めに手術を受けたクリニックで相談してください。

一時的な後遺症としては、次の3つが代表的です。

●ハロー・グレア
 ハロー・グレアとは、暗いところで明るいものを見ると非常に眩しく感じる症状のことです。これは、屈折を矯正した部分と矯正していない部分から入ってくる光の屈折で起こる現象です。瞳孔の開き具合によって個人差があり、ハロー・グレアが気にならない人もいます。次第に慣れていくことがほとんどです。

●ドライアイ
 ドライアイは、屈折を矯正する際に涙腺も焼いてしまうために起こります。しかし、レーシック手術で必ずドライアイになるというわけではなく、涙の量の多い人はドライアイにならないこともあります。ドライアイが起こったとしても、多くの場合3ヶ月程度で治ります。

●充血
 レーシック手術はレーザーを用いるため、白目が充血してしまうことがあります。この充血は3週間程度で治りますので心配することはありません。