レーシック手術には幾つか種類があります。代表的なレーシック手術は次の3種類です。

■イントラレーシック

イントラレーシックの場合には、イントラレースレーザーというコンピュータ制御の医療器具を使ってフラップ(ふた)を作ります。ちなみに通常のレーシックでは、マイクロケラトーム(電動メス)という器具でフラップを作ります。イントラレーシックの方が通常のレーシックよりも精度が高い手術だと言われています。

■エピレーシック

エピレーシックは、イントラレーシックよりも薄いフラップを作成します。角膜の厚みが足りなくてレーシック手術に不向きな人に向いている手術方法です。角膜上皮に薄いフラップを作り、レーザーで近視などを矯正します。フラップはやがて落ちて、新しい角膜ができます。術後にフラップがずれるということがありませんので、激しいスポーツをしている人にも向いています。

■ウェーブフロントレーシック

ウェーブフロントレーシックは、屈折を矯正する前にウェーブフロントアナライザーという医療機器で眼球の表面を検査し、エキシマレーザーで屈折のズレを矯正します。ウェーブフロントレーシックは、通常のレーシック手術よりも、はっきりと見えるようになると言われています。