手術に必ずしも成功するという保証はありません。レーシック手術でも100パーセント成功すると断言出来ません。しかし可能性のことを言っていたのでは切りがありません。

失明のリスクについてですが、レーシック手術で失明が起きることはありえません。

レーシック手術は角膜に刃物またはレーザーを当てて屈折を矯正するという手術です。視力に影響する眼球内部、網膜や視神経に刃物もレーザーも届きませんので、失明の心配は無いのです。もちろん人間が行うことですので、失敗する可能性は無いとは言い切れませんが。

実際のレーシック手術における失明事故についてですが、全世界で過去に失明の被害を訴えた人は未だ一人もいません。

ただし、レーシック手術後に何らかの合併症、後遺症によって失明に至ってしまう可能性はあります。

レーシックの適応検査がいい加減。手術の説明が適当。アフターケアを十分にやらない。こういった悪質なクリニックでは、たとえ費用が安くても、手術を受けないほうが良いでしょう。