視力が衰えるとメガネかコンタクトレンズを着けることになりますが、どちらがより目に悪いのか、気になる方がいらっしゃるかもしれません。

メガネとコンタクトレンズを比較した場合、コンタクトレンズの方が目に悪いと言えます。なぜならば、コンタクトレンズの方が目への負担が大きいからです。

コンタクトレンズをすることは、目に異物を入れることと同様です。すると目が傷ついてしまったり、目が乾燥してしまったりするリスクが高まります。その結果、ドライアイなどの目の病気にかかってしまう危険があるのです。

また、コンタクトレンズは十分に手入れをしないと、雑菌が目の中で増殖して炎症を起こす恐れもあります。例えば結膜炎のような目の病気を引き起こすこともあります。

このようなことを考慮して、目の安全面を重視するのであれば、コンタクトレンズよりもメガネの方が良いです。メガネであれば、目を傷つけることはありませんので、目の病気になることはまずありません。

ただし、度数の合わないメガネをかけていると、視力がさらに低下してしまう可能性があります。メガネは自分の目に合うものをかけるようにしましょう。