目が悪い場合はメガネをした方が良いでしょう。メガネをかけ続けると、もっと目が悪くなってしまうと思ってメガネをしない人がいます。しかし、メガネをしないと、ますます視力が低下していくでしょう。

目が悪いのにメガネを使わないと、目が疲れやすくなります。目が疲れやすくなると、目の周りの筋肉が緊張して疲労してしまい、焦点の調整機能が衰え、視力を低下させてしまうのです。

このように、よく見えない状態で過ごしていると、ますます視力低下を招きます。目が悪くなった場合は早めにメガネをかけるようにしてください。

特に、車を運転される場合には、視力が低下したままの状態で運転をしていると、目が疲れて事故を起こしやすくなります。車間距離も分かりにくくなりますので大変危険です。

どうしてもメガネをしたくない場合はコンタクトレンズでも構いません。目への負担をより軽くしたいのでしたらメガネの方が良いでしょう。