目の運動をすることによって目が良くなる可能性はありますが、必ず良くなるわけではありません。近視になりかけている時期に行うと、人によっては視力が回復したり視力の低下を抑えることができるかもしれません。非常に目が悪い状態の場合は、大きな効果は期待できないでしょう。

さて、なぜ目の運動をすると視力が回復するのかというと、目の運動をすることで筋肉の凝りが取れ、血行が良くなるためです。目の血行が改善されると眼精疲労を緩和することができ、視力低下を抑えることができます。

目の運動の方法ですが、何度も目を閉じたり開けたりを繰り返すだけという簡単なものです。上下左右に目を動かすのも効果的です。いつでもどこでもできますので、ちょっと目が疲れたと思ったときに行うようにしましょう。特にパソコン作業の多い方は目が疲れやすいので、1時間ごとに行うと良いでしょう。