白内障を放置すると、最悪の場合は失明してしまいます。

白内障は、水晶体が濁ってしまう病気です。当初は自覚症状がありませんが、少し症状が進行すると、目がかすんだり、遠くが見辛くなったり、光がギラギラまぶしく感じるようになったりします。

このような症状で眼科を受診すると、一般的には点眼薬や内服薬を処方され、様子を見ることになります。点眼薬や内服薬によって白内障の進行を抑えることは可能ですが、治せるわけではありません。

そこで手術療法もあります。日帰りも可能で、費用は保険適用があり、3割負担で5万円前後です。白内障の症状が辛く感じる場合は手術を受けるのが良いでしょう。

手術を受けなかったり、薬が効かなかったりすると、白内障は進行していきます。水晶体が厚くなり、視野が狭くなったり欠けたりして、緑内障になります。

白内障が進行すると、水晶体の前嚢が破れて中身が出てきてしまい、ぶどう膜炎(内眼炎)になる恐れもあります。網膜剥離になることもあります。

そして最悪の場合には失明することになってしまいます。