飛蚊症の症状が酷い場合、手術をすることもあります。一般的には「硝子体手術」という硝子体を交換するという手術が行われます。

ただし、手術をするケースは極めて稀です。ほとんどの方は手術する必要はありません。

多くの場合、飛蚊症は症状が現われても時間が経てば治りますし、ことさら気にする必要もありません。そのため、手術をせずに症状と上手く付き合っていくという方法を選んでいる方が多いのです。

手術を行う必要がある方とは、症状が日常生活に支障をきたすくらい悪い場合です。例えば、目の前の浮遊物がずっと消えなかったり、浮遊物が非常に大きく視界の妨げになったり、通常の生活を送るのが困難であるといった場合です。また、治療が必要な目の病気がある場合も、手術をすることになるでしょう。

ところが、手術をしても、必ず症状が改善するとは言い切れません。手術をしても症状が改善しなかったという方もいます。改善しない可能性があるということは、おそらく医師から事前に説明があると思います。