飛蚊症の治療方法は原因によって変わりますが、大きく分けると3種類あります。

■手術
 飛蚊症は、目の手術を行うことで改善できる可能性があります。一般的には、原因となる硝子体の入れ替えを行う「硝子体手術」というものになります。
 ただし、手術をしても効果がない場合があります。手術で必ず治るというわけではありません。そのため、手術を勧めない医師もいます。

■レーザー治療
 レーザーによって、飛蚊症の原因となっている硝子体の混濁をバラバラにして、視界を見やすくするという療法があります。浮遊物が細かくなるだけですので、治るわけではなく、気にならなくなるといったものです。

■栄養補給
 目に良い栄養を摂取することによって、飛蚊症の症状が改善する場合があります。ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、DHA、ルテイン、タウリン、亜鉛などの栄養素が、飛蚊症改善に効果を発揮するかもしれません。