飛蚊症(ひぶんしょう)とは、目の前を小さな物がちらちらと見える目の病気です。あたかも蚊のような虫が飛んでいるように見えることが多いため、飛蚊症という名前が付いています。

飛蚊症の症状は次のとおりです。このような症状のある方は飛蚊症という目の病気の可能性が高いです。

●小さな浮遊物が見える
 飛蚊症になると、小さな浮遊物が目の前に見えます。見え方には個人差があります。
 浮遊物の色は黒い場合も白い場合もあります。ぼんやり曇った感じに見える場合もあります。形は糸状の場合もありますし、丸い輪のような場合もあります。数は1つだけの場合も多数の場合もあります。

●目先を変えても、目をこすっても治らない
 目先を変えても、目をこすったりしても、浮遊物は消えません。眼の動きに少し遅れて付いてくるように見えます。

●明るい場所の方がよりはっきりと見える

飛蚊症は命を落とすような病気ではありませんが、視界が浮遊物で邪魔されますので、症状が酷くなると日常生活に支障をきたす恐れがあります。ほとんどの場合は、日常生活にあまり影響がありませんので、飛蚊症を発症しても放置している方が多いようです。

しかし、治療が必要な目の病気が隠れている可能性がありますので、放置せずに眼科を受診したほうが良いでしょう。