目のクマができる原因は、主に次の4つが考えられます。原因によって改善方法が異なります。

■血行不良
最も多い原因は目の周りの血行不良です。
眼の酷使、疲労、睡眠不足、ストレスなどによって、目の周りの血行が悪くなります。目の周りの皮膚は薄いので、血行が悪くなってうっ血すると、その黒ずんだ血液が透けて見え、目のクマができてしまうというわけです。

■色素沈着
目の下の皮膚が色素沈着を起こし、クマができてしまう場合があります。赤外線や紫外線による肌ダメージ、擦り過ぎ、乾燥、アイシャドーなどの化粧、クレンジングのし過ぎなどが原因で、目の下にメラニンが作られてしまったケースです。

■たるみ
年を取るに連れて、目元はハリが無くなって、たるんできます。すると、目の下に影ができてクマのように見えてしまうことがあります。

■病気
以上のような原因に心当たりがないにも関わらず、目のクマが治らない場合は、病気の可能性があります。例えば、バセドウ病(甲状腺機能亢進症)、糖尿病、鉄欠乏性貧血、腎臓疾患、肝臓疾患などが考えられます。気になる方は病院を受診して、医師に相談されることをおすすめします。