目のクマの原因の多くは目の疲れによる血行不良です。
しかし、どんなに目を休ませても、睡眠を取っても、目のクマが一向に改善されない場合は、何らかの病気が原因かもしれません。

もしも、目のクマがひどくて、いろいろ試しても改善されない場合は、病院に行って医師に相談したほうが良いでしょう。

目のクマを引き起こす可能性のある病気は、例えば次のようなものです。

腎臓病、肝臓病

腎臓病、肝臓病の場合、肝機能や腎機能が低下しているため、血液がきれいになりにくくなり、血流が悪くなって、目のクマ(青クマ)ができることがあります。

低血圧

低血圧の人は血流が悪いため、目のクマができる可能性が高くなります。

バセドウ病(甲状腺機能亢進症)

バセドウ病の症状になると眼球が突出してきます。
これに伴って、眼球の下の脂肪がたるんできたりするため、目の下に影ができることがあります。
その影がクマのように見える場合があります(黒クマ)。

鉄欠乏性貧血

鉄欠乏性貧血とは、赤血球内のヘモグロビンを作る鉄分が不足することによって起こる貧血です。
貧血になると血行が悪くなり、赤黒い色の血液が目の下に滞り、クマ(青クマ)となってしまいます。

うつ病

うつ病によって自律神経が乱れる場合があります。
自律神経が乱れると、目や口の周りの血液の流れが悪くなり、クマができやすくなります。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎になると、目の周りにかゆみを伴うことがあります。
目の周りをかいたり擦ることによって炎症を起こし、色素沈着が起こり、クマ(茶クマ)ができてしまいます。