目のクマは大きく分けて3種類あります。青クマ、茶クマ、黒クマです。以下、簡単にご説明します。

青クマ

青クマとは、青っぽい目のクマのことです。
これは血行不良によって引き起こされます。
毛細血管が透けて見えるものですので、色白の人に多く見られます。

青クマは、目の酷使、疲労、睡眠不足、ストレス、冷え、貧血、運動不足など、いろいろな原因が考えられます。
十分に目を休ませ、目の周りの血行を良くすることが効果的です。

茶クマ

茶クマとは、茶色っぽい目のクマのことです。
原因の多くは色素沈着(シミ)や新陳代謝の悪さです。
目をこすり過ぎたり、化粧品でかぶれたり、紫外線によるダメージによって引き起こされます。

ビタミンCを摂ると症状が改善していくと考えられますので、積極的に野菜や果物を食べましょう。
美白効果のあるアイクリームなどのコスメでケアすることも効果があります。

黒クマ

黒クマとは、目の下にできる黒い影のことです。
目元のたるみやへこみによって引き起こされます。

原因は、目の下の筋肉が衰えたり、ハリや弾力がなくなって、シワやたるみができてしまうという肌の加齢です。
また、生まれつき目の下の脂肪が少ない場合もあります

茶クマと異なり、黒クマはシミではありませんので、メイクで隠すのは難しいです。
アンチエイジング効果のあるアイクリームでケアしましょう。
目を閉じたり開いたりすることで、目元の筋肉を刺激することも効果的です。
美容整形で黒クマを改善する方法もあります。